人気ブログランキング |

花ゆめ&別花ファン       ナカエの雑記


by hong_yinghua
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

次のヒトは30000番

ホームページを持って早ウン年。
のんび~り、まった~りと運営しております。

久々にカウンターを設置している表紙を見たら
29999番。

私の次に踏んだ人がメモリアルナンバー。
果たして誰が踏むのでしょう。

ささやかですが、お祝いせねば。

お祝いイラストが良いでしょうか。
(お声掛けくだされば…ですが)
by hong_yinghua | 2006-11-29 23:37 | 日常

妖怪汁飲みました。

妖怪汁飲みました。_b0020862_23231918.jpg

先日の蓼科旅行中にとあるサービスエリアで見つけた飲み物。
「妖怪汁」
ネーミング(と缶)はナカナカインパクトがあります。

しばらく飲まずに職場の冷蔵庫で保管しておりましたが、
今日、勇気を出して(?)飲んでみる事にしました。

…すっぱい。青春の味だよォ、ママ~~ン。(誰さ、ママンって)

他には「ねずみ男汁」と「目玉の親父汁」がございますので
見つけた際には皆様、ぜひお試しくださいませ。
by hong_yinghua | 2006-11-27 23:23 | コダワリ小物

男前ストラップ

近所の商店街を自転車でダラダラと走行中、
珍しいガチャガチャを発見。

「男前豆腐(2)」

本物そっくりに作られたミニチュアキーホルダーの写真に
つられて3回引いて見ました

当たったのが
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」
「厚揚げ番長」
「男前豆腐」 の三つ

欲しかったものを一度でゲット!
おお!凄いぞ、私。ゴルゴ13並の命中率?

携帯にジョニーと番長、唐草がま口に男前豆腐を付けて御満悦。

先日オヤジ脱却を図ってスワロフスキーのオサレストラップに
変えたばかりなのに、また逆戻りしました。
まぁ、そんなもんです。

追伸
男前豆腐の公式サイトを覗いたらさらに驚き。

ジョニ男16丁がまるで「ケン○ッキー」のパーティーバーレルの
ような筒状の箱(そして表面には「男」の文字)に詰め込まれた、
「ジョニ男パーティーバーレル」が通販で売られておりました。

テーマソングからニップレスシールまで販売とは恐るべし男前豆腐店!
by hong_yinghua | 2006-11-26 02:38 | コダワリ小物

唯恵

吉野君、
唯恵_b0020862_054220.jpg
まつげ増量中!
by hong_yinghua | 2006-11-26 00:54 | ジャパネスク
最近気になっていた、
月9ドラマ「のだめカンタービレ」の黒木泰則役の役者さん
すでに決まってたんですねぇ

福士 誠治さん(6話から出演)だそうです。

漫画では、もうちょっとガタイが良いイメージがありましたが、
(というか、もっと「もっさり」したイメージがありました)
ちょーっとサワヤカ過ぎな気もするけど顔はなかなか似ている気が…。
さすが、フジテレビの月9。なかなかの好青年ですねぇ。

すずらんの鉢植えを手に持ってうっとりしている姿を見たいvv
玉木君(千秋役)とやりとりを想像すると笑えます。
シルバーピンクモーツァルトが今から楽しみです。
シルバーピンクって事はパールピンクマイカかァ。
塗装色だよって、そりゃ。

余談ですが、すずらんって毒があるんですよねぇ。
サスペンスドラマでよく出てきますよ。
by hong_yinghua | 2006-11-12 02:30 | テレビ

リサイタル?

法事の食事会後に、
叔母の職場(チャペル)を
親戚一同で見学していた時の事。
アメイジング・グレイスの清らかな歌声に
耳を傾けていると
視界十二時方向に
おかしな動きをしている
男が一人。

あれは…エアボーカル?!
式場(チャペル)の祭壇の上に
なんと、クチパクで熱唱を演じる相方が。

学生では無いので
学校へ行こう!に
投稿出来ないのが
残念ですが
会場内は大爆笑でした。
by hong_yinghua | 2006-11-05 21:26 | 日常

「つるせん」と「合唱」

秋になると思い出すのが、
小学時代の校内合唱コンクールと卒業式。

小学校高学年で転校した先では
音楽教諭(あだ名は確か、つるせん)の影響でか
特に合唱に力を入れていたようです。

クラッシックや音楽に多少の興味を持ったのがこの頃。
コンクールや卒業式が近くなると放課後に体育館に集められ
「つるせん」による猛特訓が行われておりました。

マンガ「のだめカンタービレ」で千秋がオーケストラの団員に
容赦無くビシバシと指示を出すシーンを見ると思い出します。
(本人は千秋というよりもオーベルシュタイン系だった気が。)

特に小学校5年で歌った「タンホイザー行進曲」(喜びの歌)は
今でも歌えるくらい。
小学生にドイツ語で、しかもワーグナーを歌わせるとは。
恐るべし、つるせん。

なんて。ドイツ語で当初歌ったのは先輩6年生の皆様でして
音量が足りないという事で急遽投入された5年生部隊
(私たち)でしたが、ドイツ語で歌わせるには時間が足りないと、
結局は日本語に訳されたものを歌い無事終了。

ちなみに、自分が卒業した年に歌ったのは「筑後川」で
後日、母には
「なんだか仰々しすぎて、感動できなかった。」
・・・という散々なコメントをもらい落胆したのでした。
まぁ、「卒業といえば蛍の光」世代なので仕方無いといえば
それまでかぁ。

あんなに、猛特訓にも耐えたのになぁ。理不尽だわ(涙)
by hong_yinghua | 2006-11-04 15:13 | 日常