人気ブログランキング |

花ゆめ&別花ファン       ナカエの雑記


by hong_yinghua
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「ホウチュウREV」
洋画吹替、ナレーション、アニメと幅広~い範囲でご活躍の
大塚芳忠さんの声を耳にした時に作るメモ。

大した事はしませんが、ワタクシ大塚芳忠氏のファンですので
とりあえず、テレビで名前を見かけた時にひっそり記録を
残す事にしました。ちょっとした感想メモですね。

本日の洋画吹替「マスク・オブ・ゾロ」での大塚芳忠さんの役は
「ハリソン・ラブ大尉」(マット・レッシャー)。
金髪長髪で長身、ナンバー2的な二枚目の悪役です。
軍人さんだそうで。

アントニオ・バンデラスの「マスク・オブ・ゾロ」は、自分が
好きな映画の一つで、ああいうコミカルなシーンもあり、
カッコ良く決めるシーンもあり、そして最後はハッピーエンド。
素敵な作りです。(単細胞な自分には理想。)

テレビで見るのは二度目でしたが、今回も楽しめました。
勧善懲悪ものって好きなんですよ。分かりやすくてね。

アンソニー・ホプキンスの渋い演技がまた、シビレます。
終始スパニッシュ系の音楽が印象的で熱くる…いや、情熱的。

主人公のアレハンドロ(アントニオ・バンデラス)と
ハリソン・ラブ大尉(マット・レッシャー)剣を交えるシーンの
芳忠さんの声にヤラレました。
フェンシングの突き「ハッ!」みたいなやつ。カッコイイですわ。

出番の数で言ったら、先日見た「ロングキス・グッドナイト」の
「ティモシー(クレイグ・ビアーコ)」の方が多かったかなぁ。
これもまた悪役(しかも、かなりしぶとい奴)でしたけど、
ねちっこい悪役声にシビレました。(褒めてるように聞こえないって?)

次週「トゥルー・ラブ」の予告ナレーションもご担当されていたので
今日は2度オイシイ。番組終了まで見ていて良かったですわぁ。

というわけで、本日の洋画メモはこの辺で。
明日は凛さんからいただきました「ぴったりバトン」に
答えてみようと思います。
by hong_yinghua | 2006-01-25 23:46

鞍替

メールソフトの送受信機能がおかしくなったのを切欠に
セキュリティソフトを「マカフィー」へ鞍替したまでは
良かったのですが、
なんと、音が出なくなってしまった!

トウモロコシとバーボンの祟りに違いない・・・なんちゃって。
なぜトウモロコシかはさておき。

この現象が起きるのは2度目ですねぇ。

新しいPCはさらにモバイル向きにして
一太郎とネスケとポスペを使うのさ。
…などと浮気心がでたのが良くなかったのか。

ヤツフサ君、悪かった。機嫌を直してくれぇぇ。

ついでに、先日UPした藤宮様をモノクロで修正
前回ムラサキで描いてしまったので
こちらの方がそれっぽいでしょうかね。
鞍替_b0020862_1632192.jpg

by hong_yinghua | 2006-01-22 13:38 | 日常

雪化粧

雪化粧_b0020862_095915.jpg

今日は珍しく雪が降っておりました。
四季の中では冬が一番好きだったりします。
花粉症が無ければ春でも良いのですが…。

相方も休みだったので、昨日購入した昨日の宮城物産展で
購入した抹茶菓子、喜久水庵の「喜久福」と「抹茶どら焼き」を
ほおばりながら二人でDVD鑑賞。

久々に購入した喜久福(抹茶+クリーム入り+こしあん入大福)の
味は格別でした。冷凍すれば一ヶ月ぐらい持つので
暫くの間楽しめそうです。(6個入り4箱購入したので。)

自分が食べた菓子の中では
「澤田屋の栗きんとん」と同じくらいオススメです。
やはり、和菓子のほうが好きかも。紅茶には洋菓子でしょうがねぇ。

ソフトを何本か借りてきて一番面白かったのが
「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」
…という、不思議な結果になりました。

(相方は「交渉人真下正義」が良いと言っておりましたが
「踊る…シリーズ」に全く愛着が無い私には
価値が分からないのかも)

どうやら暫く「大塚芳忠ジャンキーな生活」は続きそうです。
(クレヨンしんちゃんではオカマ魔女役でしたね。)
by hong_yinghua | 2006-01-22 00:09 | 日常
らぶらぶ万歳サークル「冬の競作」 その2_b0020862_231255.jpg


ジャパネスクファンサークル様の冬の競作大会に
駄文ではありますが、一つ作品を出品いたしました。

今回のお題は「雪」

同じ登場人物でも、人によって文章は様々
雰囲気もそれぞれ個性があり大変愉しく拝見しております。
例えるなら「十二単の衣の襲の色合い」のよう。
(これは昨日のチャットで使った例え。)

今回も皆様の力作を拝見できる事が楽しみです。
めずらしく締切前に提出できました
(アルシュさん、いつもご迷惑かけており恐縮ございます。)
by hong_yinghua | 2006-01-16 02:36 | ジャパネスク
お世話になっているジャパネスクファンサイト
「らぶらぶ万歳サークル」にて今回も恒例の
季節毎のイベント「競作大会」が近々開催されます。

今回も一読者として参加者の皆様の作品を
楽しみにしております。

自作品の出品は、内容が半端な事もあり
検討中という事で…。
by hong_yinghua | 2006-01-14 03:06 | ジャパネスク

プーさんの声って…

仲本工事なんだよなぁ。
確か…。
by hong_yinghua | 2006-01-11 22:23 | 日常

パソコンの愛称。

今のパソコンを買った時の話。
立ち上げた画面に「あなたのPCに愛称をつけましょう!」
みたいな事が出てきて、少々悩んでから
コレ(ノートPC)にも名前をつけた記憶があります。

ちなみに愛用のノートPCの名前は「ヤツフサ(八房)君」
どちらかというとインド、中国、日本あたりの名前が好きで
その時は「南総里見八犬伝」からつけたわけですねぇ。

次回はノートPCが二台になりそうな気配なので
管理者の権限で勝手につけてしまうとしよう。
「ジライヤ」と「ツナデ」…三国志から「関羽」と「張飛」もイイカモ。
ジライヤって、今でこそナルトのイメージですけど
昔は特撮モノと天外魔境しか浮かばなかったなぁ…(汗)
「児雷也豪傑譚」は最近初めて知りました。おばかな私。

なんて、相方にうっかり話すと
「キュベレイ」とか「ギャプラン」とか「アッシマー」などとと
ガンヲタフルスロットルな名前を付けられるに違いないので
名前の話はヒミツなのねぇ。
by hong_yinghua | 2006-01-11 01:32 | 日常

グラデーション

今日は紫色のグラデーションを使ってポップな絵を
描くつもりが、どうも、違うものが出来上がりましたねぇ。

今回は藤宮様。
グラデーション_b0020862_22495071.jpg

by hong_yinghua | 2006-01-10 22:49 | ジャパネスク

大塚芳忠様

昔から声優さんは好きでして…。
音好きもキャンディキャンディの歌の始めに流れる
チェンバロみたいな音のせいだった。
声優好きもアンソニーの声(井上和彦氏)が始まりだった。

原点はキャンディ・キャンディ(の再放送)なのか?!意外とオトメな私。

行きつけの美容室でみたDVD「Zガンダム」(…美容室でなぜコレ?)
今の暴走の出発点はここでした。

ガンダムマニアの相方と共に見たTVシリーズのおかげで
すっかり大塚芳忠氏のファンになり、この冬は物凄い勢いで
お金をつぎ込んでおります。現在進行形で。
NARUTOコミック大人買いに始まり…以下略、怖くて書けない。(滝汗)
すまん、相方よ…って、相方は健康ランドに通っていたからお互い様か。

最近は声優さんも舞台に出たり、歌を出したりとアイドルのような
お仕事をされている方も居るそうですが、
無いし…(アイドルって年じゃないし、それ以前に大御所ですしねぇ。)
ネットの検索で調べても出演作品以外の情報がナイですよ。
もっとマニアックな方面で探さねば見つからない気もしますが、
その点ではためらいがちかなぁ。

未知の世界もざっくざっく進んでおりますが、
今回は「クレヨンしんちゃん」

今回の役はオカマ魔女ですか。
あの渋い声でオカマというのが想像しただけで笑えます。
余談ですが、ぶりぶりざえもん役が塩沢兼人さんというのも驚きました。
…ぶたなのにクール。豪華声優陣が揃っていて、流石は人気作品。

サンダーバードとフルハウスのレンタルはお楽しみにとっておいて
とりあえずは「クレヨンしんちゃん」と「ぼのぼの」ですかねぇ。
東武線沿線に住んでいた事があるのでローカルなネタでも
笑えるかもしれないなぁ。
ファンレター書いてしまいそうです。それ以前に、宛先わからないワ。(爆)
なんて。検索に検索を重ねたら出てきましたよ。事務所の住所。
ビバ★グーグル!
by hong_yinghua | 2006-01-10 02:07 | 日常

ファルセット

「カラオケ」

 独身時代は地元や職場の友人達と時々行ったものですが
職場の二次会自体が無くなった今、とんと機会が無く
年に数回程度行くという頻度で、
(自称音痴の)相方がカラオケにハマってから
数年の間で徐々に歌う機会も増えてきました。

カラオケは大勢で行くものだと決めていたのもありますね。

今日は近所のカラオケに二人で行ってきたわけですが、
若者の曲がわからないィィ。
中年の足音を感じるこの頃、切ないですわ。

歌う曲のだいたいは1980~90年代で、かなりキテます。
サントラばっかり注目してると危険だわ…。オッサン確定。

オマケに声の幅がないので歌える曲も限られるし、
ファルセットで歌うと歌のおねぇさんのような童謡声に
なってしまふ。

流行の波でガボガボ溺れた二時間でございました。
by hong_yinghua | 2006-01-10 00:09 |